はじめて家を建てるときにおすすめの本はこれ!

  更新:2014/09/15

はじめて家を建てるとき、本を読んだりネットで検索したりしていろいろ情報収集をするのではないでしょうか。

しかし、そもそもたくさんの本の中でどの本がいいのか分かりませんし、活字だらけで専門用語が繰り返される本だと眠くなるだけですよね。また、ネットの情報は玉石混交で人によって言うことは180度違いますから、たくさんの情報に接すると、どこを見て何を信用すればいいのか、もう分からなくなってしまいますよね。

そんな方に、おすすめの本がこれです!

「マンガ はじめて家を建てました!―いちばん最初に読む家づくりの入門書」

マンガなのですぐに読めます。

ストーリーは、家づくりなんで考えたこともなかったフリーランスの夫婦が、妻の実家を2世帯住宅に建て替えた話です。
大手ハウスメーカーの社員の上から目線の対応に腹を立てたり、ハウスメーカーの営業マンに契約を急かされたり、著者の経験がリアルに描かれています。
その後、じゃがばたホームと運命的な出会いをして、無事理想の二世帯住宅が建ちます。じゃがばたホームと契約後家が建つまでの経過も詳しく触れられていて、建築主として職人さんとの付き合い方とか建築現場に行ってどうするかといったことも説明されています。

こうやってあっさりまとめてしまうと、「それだけ?」という感じかもしれませんが、この本マンガだと侮ってはいけません。家づくりに必要な知識をひととおり得ることができ、著者と一緒に家づくりを経験できます。だまされたと思って一回読んでみて下さい。
家を建てるtことは、ハウスメーカーや工務店と契約してあとはおまかせというものではなくて、最初から最後まで(建築後も)人と人との付き合いなんだなというのがよくわかります。

このマンガでひと通りの知識を得て、あとはご自身でもっと知りたいことを人に聞いたり、調べたりしていけばいいと思います。

家づくりの最初の1冊はこれで決まりですね!

最後に

家って入れ物じゃないんだなあと、そのとき思いました。そこで過ごした思い出が”家”そのもののような気がします。

との著者の言葉を紹介しておきます。

 

住宅相談センター神戸は皆様の家づくりをサポートします。いい家を建てましょうね。

 

photo credit: betta design via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!