フラット35で購入額全額の融資が可能に!2月24日融資実行分から。

  更新:2014/09/15

以前「フラット35融資率上限を引き上げて住宅購入費用の全額融資~実施は補正予算成立後」という記事で書いていたフラット35の融資上限引き上げの件ですが、平成25年度補正予算が成立し、融資率上限が引き上げられることが正式に決まりました。

これまでフラット35は住宅購入または建築資金の90%が融資上限でしたらが、これが100%になります。つまり住宅購入または建築資金の全額融資を受けられることになります。

ただし、融資率が90%を超えるときは、審査が慎重になると言われていますので、審査に時間がかかったり、厳しくなったりすることがあるかもしれません。
また、金利は、通常の金利に若干上乗せされます。

2月24日に資金を受け取るものから適用になります。

当社が取次しているハウス・デポ・パートナーズのフラット35でも適用になりますが、詳しいことはまだ発表されていません。

発表されましたら、住宅相談センター神戸のサイトでお知らせします。

 

住宅金融支援機構:平成25年度補正予算(平成26年2月6日成立)における【フラット35(買取型)】の融資率上限の引上げの実施~平成26年2月24日資金お受取分から~

photo credit: Jeremy Brooks via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket