平成25年10月の住宅ローン金利

  更新:2014/09/17

10月の住宅ローン金利が発表されています。
長期金利、短期金利ともに安定しているため、先月から大きな変動はありません。

変動金利の基準金利は、大手銀行で2.475%で変化はありません。ここから最大限優遇金利の適用を受けると、金利は0.775%になります。先月は三井住友銀行は最大限優遇を受けても0.875%でしたが、三井住友銀行も今月は0.775まで下げてきました。メガバンクはどこも同じ、横並びの金利となりました。

固定金利では、銀行によって多少ばらつきがありますが、10年固定で最大限優遇を受けると、1.5~1.6%となっています。

10年固定ものは、ネットバンクの住信SBI銀行の当初引下げプランで1.2%とメガバンクより低くなっています。しかし、これは10年の特約期間が経過すると、優遇幅が1.55から0.7%に下がるため、借りるときはよく内容を理解し、将来のことも考えたうえで借りることが必要です。

当社のフラット35はやや下がった

当社が取次をしているハウス・デポ・パートナーズのフラット35の金利は、

借入期間20年まで 1.61%
借入期間21年以上 1.93%

と少し下がっています。

家づくりマネーセミナー

今月、当社は、家づくりマネーセミナーと住宅ローン借換セミナーを開催します。

住宅ローン金利が下がっている今、住宅ローンについて勉強しませんか。

詳しくは住宅相談センター神戸のサイトをご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket