平成26年2月の住宅ローン金利 フラット35は1.8%割れで史上最低金利

  更新:2014/09/15

2月の住宅ローン金利が発表されています。

長期金利が1月半ば以降0.6%台前半で推移していました。そのため、大手行は5年固定と10年固定のものの金利を0.05%程度下げています。但し、三菱東京UFJ銀行は据え置いています。

変動金利の基準金利は、大手銀行で2.475%で変化はありません。ここから最大限優遇金利の適用を受けると、金利は0.775%です。

ハウス・デポ・パートナーズのフラット35は史上最低水準へ

当社が取次をしているハウス・デポ・パートナーズのフラット35の金利は、

借入期間20年まで 1.53%(先月1.52%)
借入期間21年以上 1.79%(先月1.80%)

となりました。

ついにフラット35の金利が1.8%を割れ込み、史上最低金利となりました。

新規に借り入れをされる方には非常に魅力的な水準ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket