住宅ローン金利引き下げ相次ぐ

  更新:2014/09/18

住宅ローン金利が大手銀行の間で引き下げが相次いでいます。大手銀 住宅ローン金利引き下げ相次ぐ

大手銀行の間では、これまで月ごとに見直してきた住宅ローンの金利を、月の途中でも引き下げる動きが相次いでおり、消費税率の引き上げを想定して住宅購入を本格的に検討する人が増えるなか、顧客獲得に向けた銀行どうしの金利競争が激しくなっています。

金利が引き下げられたと報じられていますが、厳密に言うと、銀行の店頭金利が引き下げられたわけではなく、優遇金利という店頭金利からのディスカウント幅が拡大したために借りるとき適用される金利が下がったわけです。

住宅ローンを借りるときに金利が下がることは今住宅購入を検討されているかたには喜ばしいことですが、

  • 優遇金利の適用期間はいつまでか(当初一定期間だけなのか完済までずっとなのか)を確認すること
  • 住宅ローンの金利は申し込や審査のときではなく、実際に融資が実行されるときの金利が適用されるので、今金利が低くてもこの先金利が上昇する可能性もあること

には注意してください。

アイキャッチ画像:photo credit: SalFalko via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket